Welcome to restaurant 汽 [ki:], a new stylish Lebanese restaurant run by a Michelin chef that opened it’s doors in May 2021 and has been making waves ever since. 

Restaurant Ki is located in the Gojo district between the Kamo river and Takase river on a five minute walk from Keihan Line’s Kiyomizu-Gojo Station or 15 minutes from Hankyu Kyoto Line’s Kawaramachi Station.

レストラン 汽 [ki:]は、ミシュランシェフが2021年5月にオープンして以来、話題となっているスタイリッシュなレバノン料理レストランです。

京阪の清水五条駅から徒歩5分、阪急の京都河原町駅から徒歩15分ほどの五条エリアに位置し、高瀬川と鴨川の間にあります。

The restaurant is located in a quiet neighborhood facing the Takase river. The exterior of the restaurant has a simple but stylish mortex finish with the entrance under a canopy. Right next to the entrance is a wood chopping block and a mesh bag filled with cloves of garlic creating a rustic feeling at the entrance.

レストラン汽は高瀬川を面して、静かな住宅街にあります。外観はシンプルですが、スタイリッシュなモルタル仕上げの外壁でエントランスはアルコーブになっており、扉のまわりには積み上げられた薪やネットに詰められ吊り下げられたニンニクなどがあり、店に入る前からレストランのラスティックな雰囲気を感じさせてくれます。

The origin of the word Ki「汽」meaning “steam” in Japanese, represents rising clouds, water vapor, and water. It is also used to describe brackish water (areas where seawater and freshwater mix).
In addition to the original meaning, the restaurant also defines Ki as “intangible”, “changing (unstable)”, “mixed (uneven)” and “spreading”. With those definitions Ki is promoting change by mixing foreign substances in an unbalanced amount and what is born from that change becomes a foreign substance again that continues to change. Ki wants this activity to spring up like a cloud, become hot, and spread.
As one of the starting points of this activity, “Ki [ki:]” was established in Gojo area, sandwiched between the Kamo River and the Takase River, which is also roots of the owner.

“「汽」という字は、立ち上がる雲を表す象形文字や、水蒸気、水気を含むものという意。
汽水域(海水と真水の混ざるところ)などと使われます。
本来の意味に加えて、わたしたちは「形のないもの」「変化するもの(不安定)」「混ざる様子(不均一)」「広がる様子」という定義を与えました
わたしたちの活動は、異物を不均一に混ぜることで変化を促し、その変化で生まれたものはまた異物となり、変化しつづける。この活動が、雲のように湧き、熱気となり、広がっていくものにしたいと思っています。
この活動の起点のひとつとして、私のルーツのひとつでもり、鴨川と高瀬川に挟まれた五条楽園に「汽 [ki:]」が立ち上がります。” -汽-

Entering the restaurant you will first order your food & drinks and pay in advance at the entrance. After that customers are guided passed the kitchen to the seating area in the back of the café which at first sight seems like a scene out of the last supper. 

The dining table is a single long and narrow polished concrete table with wooden chairs around it. The table is decorated with dried twigs, leaves and berries. Above the table are cylinder shaped galvanized steel pendant lights.

レストランに入ると、まず最初にレジでメニューを決め、支払いを済ませます。それからオープンキッチンの前を通り奥にある細長いダイニングテーブルに案内されます。大きくて長いテーブルなのでパッと見、「最後の晩餐」みたいに見えました。

細長いテーブルは滑らかな研ぎ出しコンクリート仕上げで、ウッドチェアに囲まれたテーブルの上には、美しい葉や実のついたドライボタニカルが飾り付けられ、テーブルの上には亜鉛メッキ鋼の円筒形のペンダントライトが下がっています。

The large photo in the back of the restaurant “Yakushima” as well as one near the water server are taken by a famous French photographer.

Behind the table are 3 glass windows with what appears to be the concrete wall with  a remnant of the old building

ダイニングの奥の壁に飾られている屋久島の写真とウォーターサーバーのそばに飾られている写真は、どちらも有名なフランス人写真家によって撮影されたものです。

テーブルに沿った壁は3枚のガラスで覆われ、ガラスの向こうにはリノベーション前の元の土壁がそのまま残されており建物の歴史を垣間見ることができます。

Restaurant Ki has two different menus for either early morning or lunch. The morning menu consists of a smoked chicken plate, a falafel plate or a mix of both.

The lunch menu has more options that include chicken shoarma, seasonal vegetables, beef shoarma as well as sweets or side dishes.   

「汽」ではモーニングとランチのメニューがそれぞれあります。モーニングメニューは、スモークチキンプレート、ファラフェルプレートやその両方が楽しめるミックスプレートがあります。

ランチメニューはモーニングよりも種類が多く、チキンシャワルマ、季節野菜、ビーフシャワルマなどがあり、さらにスイーツやサイドディッシュもあります。スイーツはモーニングの時間帯でもオーダー可能です。

The dishes are carefully prepared and the food is beautifully arranged. Everything is usually prepared a little in advance so don’t be surprised to receive the plate within 5 to 10 minutes after you sit down. 

The set comes with a bowl of delicious Jerusalem artichoke potage and two pita-breads. It’s a stomach filling amount so make sure you don’t eat in advance because it can be quite heavy. The different portions on the plate are enough to fill both pita breads and the flavor is absolutely amazing. Every portion is mouth watering.  Even the potato fries have a special flavor to them that cant be explained. Stuffing everything inside the pita bread, mixing all the different flavors is a must. 

料理は全て丁寧に調理され美しく盛り付けられています。プレートはオープン前から準備を始められており、席についてから5~10分以内に頼んだ食事が提供されるのは嬉しい驚きです。

プレートには日替わりのスープとピタパン2つがついてきます。この日は菊芋のポタージュでした。

量が結構多いのでお腹を空かせて行った方がいいかもしれません。プレートにある様々な素材を、自分で自由にピタパンにパンパンに詰め込んで食べます。ものすごく美味しくて、ファラフェルだけでよだれが出てきちゃう。うまく説明できませんが特別なスパイスのせいかシンプルなフライドポテトですら特別な味で美味しいです。たくさんの種類の具材を全部ピタパンに詰め込んで食べるので、一口ごとに違った組み合わせの味を楽しむことができ最高に美味しいです。

Restaurant Ki「汽」hasn’t been open for a year yet but is definitely a promising restaurant with a stylish interior that serves fantastic food. It has one of the best falafel dishes in the Kansai area. The plates are carefully prepared, look gorgeous and are served swiftly. Ki is hands down one of the top 10 restaurants to visit if you are in Kyoto.

汽[ki:]はまだオープンして1年も経っていないですが、将来有望なレストランであることは間違いありません。インテリアもスタイリッシュで料理もとても美味しい。プレートは丁寧につくられ盛り付けも美しく、提供されるまでの時間も非常に早いです。本当に行ってほしい京都のレストラントップ10に入るレストランの一つです。

Access to Ki

Hours: 08:00 AM ~ 10:00 AM, 11:00 AM – 15:00 PM

Closed*: Wednesday

Nearest Stations & Exit:

Keihan Line – Kiyomizu-Gojo Station. See map below

*We always recommend checking the opening hours & holidays on the official website or instagram of the establishment.
Hours: 08:00 AM ~ 10:00 AM, 11:00 AM - 15:00 PM
Closed*: Wednesday
Nearest Stations & Exit:

Keihan Line – Kiyomizu-Gojo Station.  See map below

*We always recommend checking the opening hours & holidays on the official website or instagram of the establishment.

Access from Kiyomizu-Gojo Station

Recent Posts

Yugen

Yugen is a tiny cafe hidden in the backstreets of Kawaramachi and serves one of the best houjicha and matcha lattes in Kyoto.

Read More »