Iroiro

イロイロ

Attention: This cafe is reservation only, except for days with special events.

Nestled, deep in the Kizugawa countryside of Kyoto surrounded by tea fields is the lovely kominka cafe “Iroiro“. The cafe opened on January 16, 2021 and is run by two very friendly ladies who met each other by chance at the same school they brought their kids to.

注意:カフェは完全予約制になりますが、イベントの時などは予約無しでは入れることもあります。

京都東部に位置する自然豊かな木津川市に、茶畑で囲まれた素敵なカフェ「イロイロ」があります。2021年1月16日にオープンし、とても気さくで親切なオーナー「鎌倉さんと増野さん」のお二人によって営まれています。

The origin of the name, “IroIro” which translates to various/all sorts of, comes from the owners’ desire to do various things centered around the cafe, to connect with various people and as two owners with a hearty appetite they also wanted to offer lunch plates consisting of various foods and ingredients. Besides running a cafe and their sidegigs as a video/photographer and outdoor shop clerk, the owners also provide a catering service, sell bentos (Japanese lunchboxes), run a photostudio “Shirushi” on the second floor and since beginning of 2023 also organize cooking classes “IroIro besshitsu”.

「イロイロ」という店名の由来は、お店を拠点に色々なことをしていきたい、色々な人たちと繋がっていきたいという思いと、食いしん坊な2人が作る色々な食材がのったランチプレートにしたいという思いから付けられたそうです。

ケータリングサービス、弁当の販売もされており、他にもカフェの2階ではフォトスタジオ「記シ」、2023年から「イロイロ別室」というクッキング教室もされています。

オーナーのお二人はカフェ以外にも、それぞれ写真家、アウトドアショップの店員としてもお仕事をされている多才な方たちです。

Iroiro sits in a renovated kominka that was built over 80 years ago, which used to be a storehouse for agricultural goods. Before that, it was even used by tea farmers as a workshop for steaming tea leaves. The building remained vacant for a while until it was taken over by the owners of IroIro, whom in collaboration with their skilled carpenter friend ‘古今(ここん),’ undertook its renovation. This process took about a year, and the establishment finally opened its doors in January 2021.

The cafe can be accessed by train, Yamatoji Line – 加茂駅 Kamo station and from there by bus (number 65) to Ibirao bus stop from which it is only a four minute walk. You will find the cafe at the foot of a small mountain called Kataharayama. However coming by car might be more convenient as the café offers parking spaces for up to nine cars right next to the cafe.

イロイロは築80年以上の古民家を改装した建物を使用しており、その建物は昔、物置小屋として使われていましたが、それまでは農具を置く倉庫、さらにその前はお茶の葉を蒸すための作業場として茶農家さんが使っていたようです。長く使われていなかった小屋をオーナー達で大掃除をして、オーナーの友達の大工さん「古今(ここん)」に協力してもらいながら、できる限りセルフリノベーションで約1年半かけてお店を作りあげ、2021.1.16 にひっそりとオープンしました。

JR「大和路線」加茂駅、加茂駅からバス「65番」で井平尾バス停から徒歩4分の場所、片原山のふもとにカフェがあります。ただ、カフェのすぐ隣に9台の駐車場がありますので、車の方が便利だと思います。

カフェの外観は屋根と庇が伝統的な一文字瓦で覆われて、伝統的な日本のデザインになってます。入り口は建物の横にある細い通路の奥にあり、この通路がその先にあるカフェへの期待感を高めてくれます。

Entering the café you will be welcomed by a dimly lit rustic interior that was mostly left untouched during the renovation with the original wooden beams of the building as well as the tsuchikabe clearly visible adding to the rustic atmosphere. The cafe is spacious and due to the second floor being completely open with light shining in from the second floor windows, the cafe has a spacious yet cozy feel..

すりガラスの引き戸を開けてお店に入ると、そこには和風とラスティックが融合したとても素敵な空間が広がります。元の建物を活かしたリノベーションなので、昔のままの梁や土壁を見ることができます。カフェスペースの天井板を取り除き吹き抜けにしたことで、2階にある窓から太陽の光が一階の店内にも差し込み、より温かみのある雰囲気となっています。店内に飾られたドライフラワ-とヴィンテージ小物にもセンスが光ります。

お席は大きな4人用のテーブルがいくつかあり、16人まで対応可能です。

The menu changes monthly using fresh seasonal vegetables conscious of local production for local consumption and handmade seasonings or special ingredients are used as much as possible. A lunchplate is quite large consisting of many small delicious foods followed by a large desert, guaranteed to fill your belly. The lunchplate in the photos consists of: Asian chicken, spring cabbage with Szechuan pickles, bamboo shoots and butterbur with gochujang, carrots with almond butter, beans and coconut salad, shredded daikon radish salad, lotus root with yuzu pepper, Chinese kinpira, celery with cumin seed, sweet potato Deli salad, marinated purple cabbage, seasonal onion oil-grilled, kumquat and radish pickles, homemade kimchi, red rice rice, ginger spice miso, and miso soup.

メニューはドリンクやデザートもセットになった月替りのランチプレートのみで、季節の新鮮な野菜を頂くことができます。「地産地消」と「調味料はなるべく手作りか、こだわりのものを使う」ことを大切に作られたランチプレートは、隠し味のスパイスが絶妙で、男性でも満足できるボリュームです。デザートを食べ終わった頃にはお腹パンパンなこと間違いなしです。写真は、この日のプレートで、おかずは: 鶏のアジアンジャン、春キャベツのザーサイ和え、タケノコとフキのコチュジャン和え、ニンジンのアーモンドバター和え、豆とココナッツサラダ、切り千し大根のサラダ、レンコン柚子こしょう和え、中華きんぴら、セロリのクミンシード炒め、さつまいものデリサラダ、紫キャベツのマリネ、新玉ねぎのオイル焼き、金柑と大根の漬物、自家製キムチ、赤米ご飯、ジンジャースパイスみそ、味噌汁でした。

カフェは完全予約制になりますが、イベントの時などは予約無しでは入れることもあります。予約方法は、営業日と日付を公式のインスタグラムで確認した上で、DMでの申し込みとなります。

イロイロは京都の豊かな自然に囲まれた、二人の優しいオーナーが営むカフェです。居心地の良い雰囲気でとっても美味しいごはんが食べられる穴場で、秘密にしたいくらいの場所です。京都市内からは少し遠いですが、とてもおすすめなので是非足を運んでみてください!

The menu is a bit on the expensive side and consists mainly of Japanese sweets like (monaka, red bean paste cookies, buttered toast and more) in relatively small portions. For drinks they have a variety of teas, coffee and sparkling water.

メニューは少し高めで、和菓子(最中、あんこクッキー、バタートーストなど)から選ばれます。飲み物には、さまざまな紅茶、コーヒーとスパークリングウォーターがあります。

iroiro_main
Popular

Iroiro

Closed Now
  • Car or bus recommended
  • Refer to official website/instagram

Recent Posts

Chami

Located in one of the oldest cities of Japan. is this modern-style cafe called Chami, a bit out of place but not in a bad way.

Read More »

Mitomi

On a walking distance from Tanimachi line’s Tanimachi Kyuuchome Station is Mitomi, a tiny little cafe/shop that sells delicious and fancy Monakas.

Read More »